Audience
Hand-crafted High Performance Audio Components


home | products | news | reviews | about | price list

 



Audio over Ethernet(イーサーネット経由のオーディオ)アプリケーションには、高いデータ転送速度と優れたノイズ除去が必要です。 オーディエンスのHidden Treasure Cat7ケーブルは、毎秒10ギガビットの伝送速度を促進し、データの損失や接続の切断がなく、信頼性の高い中断のないストリーミングを実現します。 このケーブルは、23 AWGソリッド銅配線の4つのツイストペアと、EMI(電磁干渉)、RF(無線周波数干渉)、システムノイズ、およびクロストークを最大限に排除するための外部ワイヤシールドを備えています。


Hidden Treasure Cat7ケーブルは、高品質のRJ45コネクタを使用しており、非常に安全で頑丈なロック接続を提供して、最大の信号転送を確保します。 ケーブルは、柔軟性があり非常に耐久性のある編組アウタージャケットを備えています。

「ネットワークオーディオが進化し続けるにつれて、機器設計者、オーディオファイル、そして鋭敏なリスナーは、アナログと同様に、音質に間違いなく影響を与えるネットワークデジタルオーディオの実装の微妙さがあることに気づいています」とオーディエンスの社長、ジョン・マクドナルドは述べています。 「ノイズとジッターを除去してより良いデータ転送を提供することにより、より良い解像度と明瞭さ、そして音楽をより深く聴く能力を備えた、より自然な音響プレゼンテーションで結果をはっきりと聴くことができます。」


 



新しいSATA(シリアルATアタッチメント)ケーブルは、ミュージックサーバー/コンピューターストレージデバイス、ソリッドステートドライブとディスクドライブ、およびその他のハードウェアの内部接続のアップグレード用として設計されています。Hidden Treasure SATAケーブルはジッターとRF汚染を低減することでデータ転送を改善し、ノイズフロアを低減し、コンピューターベースの音楽システムなどのオーディオコンポーネントの音質を大幅に向上させます。 DIYアップグレードとして簡単にインストールできます

“より多くのオーディオファイルが音楽を聴くために音楽サーバーやその他のデータストレージ、ドライブベースのデバイスに目を向けています。これらのデバイスには、ドライブを内部電子機器に接続するためのSATAケーブルが必要です”とオーディエンスの社長であるジョン・マクドナルドは述べています。 “ケーブルメーカーとして、それは私たちが調査する論理的な領域でした。工場出荷状態のSATAケーブルをHidden Treasureケーブルにアップグレードすると、サウンドが大幅に向上することがわかりました。”

SATAケーブルを介したデジタルオーディオ信号を含むデータの送信は、USB接続を介した場合よりもはるかに高速で行われるため、ジッターや内部システムノイズの影響を受けやすくなります。 Audience Hidden Treasure SATAケーブルは、ノイズをブロックし、最適な信号状態とデータの整合性を確保することを目的とした、新しく開発された独自の設計手法を採用しています。音の“グランジ”(汚れた)層を取り除くことにより、可聴結果はより低レベルの詳細とより滑らかでより魅力的な音の表現になります。 

コンポーネントのストックSATAケーブルとHidden Treasure SATAケーブルの交換は単純なプラグの抜き差し機能ですが、オーディエンスは、資格のある技術者がアップグレードを実行することをお勧めします。不適切な設置によって引き起こされた損害について責任を負いません。