audience logo
Audience
Hand-crafted High Performance Audio Components



home | products | news | reviews | about | price list


frontRow (フロントロー) Flagship line of Audience cables

Audience社のSXシリーズは多くの受賞歴があるトップクラスの製品です。SXシリーズよりも優れたケーブルのラインナップを新たに開発しようと計画した時、
オーディエンス社は高いハードルを設定しました。長年の研究と改良を通じて学んだことを基に、まったく新しいフラッグシップライン
frontRowシリーズを発表
できることを誇りに思います。






MORRE: Musically Optimized Reduction of Resistive Energy

モーレ:電気的抵抗エネルギーを音楽的にふさわしく縮小させる技術

 

総合的な研究開発によって、オーディエンスの製品は音楽再生の頂点に達しました。そして統合したテクノロジーにMORRE(Musically Optimized Reduction of Resistive Energy(モーレ。電気的抵抗エネルギーを音楽的にふさわしく縮小させる技術)と命名したのでしたMORREによってついにオーディオ伝送は音楽の最深部に到達しまた。

信号伝送を追求する純粋さが、MORREの原動力です。銅、ロジウム、銀といった導体からもっとも高いパフォーマンスを引き出すディープクライオ処理、カスタマイズされた端子形状、高電圧からオーディエンス独自のノウハウによって電圧を下げていくバーンイン処理まで、MORRE は最高度の正確な信号伝送と不要な歪みの削減、ノイズ、干渉の排除等。 すべてのMORREを応用した製品は、ノイズをまったく気にすることなく純粋に音楽だけを提供します。

導体の素材 (Conductive Materials)
導体の特性についての研究から、信号伝送ごとに適切な導体の開発や選択が可能になりました。明らかではないかもしれませんが、オーディオ信号はさまざまに異なる信号の集合体であり、それぞれの信号は明確に定義された固有の特性を持っているのです。MORRE導体はOhno、またはOCC銅=大野式加熱鋳型による連続鋳造法で作られた単一結晶の純粋な銅6NPCOCC、高純度銀メッキ銅、無酸素銅で構成されており、音楽信号等を損失なく伝送。 信号のタイプに応じて最適な導体のサイズ、組み合わせ、構造を採用しケーブルに要求される条件を正確に満たしています。

誘電体について (Dielectrics)
導体周囲の絶縁体などの比誘電率は重要です。 誘電体の種類と特性、電気エネルギーの絶縁および貯蔵(蓄積)、電力を伝える能力を慎重に考慮。オーディオシステムのすべてのカテゴリーでテストしています。 具体的な素材としては架橋ポリエチレン、 PTFE(テフロン)、および「空気」を採用。 これらがMORRE製品で使用され、真摯な音楽信号の伝送に必要な誘電特性を生み出しています。

接続の問題(Connections)
導体を通る信号は方程式の一部です。オーディオには接点があり、純粋な音楽信号の伝送には不可欠です。接触する部分で損失が発生する可能性があるだけでなく、渦電流(エディ・カレント)、ヒステリシス(加えられた力に対して反応が遅れる現象)、磁気誘導、および違う金属が接することによるノイズと干渉の問題も発生します。 MORREの接点の材質や造りは、注意深く整合性を持たせています。それは最先端の冶金学や、ハンダ自体のクォリティ、当社独自のハンダを使わない接続等、必要に応じて使い分けています。こうして方程式は成立させるのです。コネクタ自体の金属は、テルリウム銅、ベリリウム銅、ロジウム、金メッキ銅、および銀で構成されています。 またその接点は、Deep Cryo II(深冷技術)の高度な処理プロセスによって組立前と製造後の両方で処理。さらにその後に独自の超高電圧を使うバーンイン技術、EHVPを使用してテストおよび処理。また接点だけでなく、その周囲の材料も慎重に検討、採用しているのはもちろん究極のパフォーマンスに不可欠だからです。

抵抗、静電容量、インダクタンス (Resistance, Capacitance and Inductance)
導体を通過するすべての電気信号は、導体内のさまざまなパラメータの影響を受けます。 導体の材質、サイズ、誘電体、対応するケーブル、およびケーブル間のスペースは相互に影響を及ぼし合います。抵抗、静電容量、およびインダクタンス特性は、信号の一部を変化させたり阻害するように作用します。 電気信号は、他の電気信号や他の導体の磁場によって相互作用し、独自の磁場を生成。多数の抵抗エネルギーを発生させてしまい、信号の純度を低下させます。 MOOREテクノロジーは信号の純度を阻害させようとするこれらの要因に対応し、信号情報をより正確に伝送します。


共振周波数のダンピング (Resonant Frequency Damping)
すべての材質は固有の周波数で振動します。 この振動は可聴帯域内で不要な歪みを引き起こし、直接接触したり、音波としての刺激によって信号の純度に悪影響を及ぼします。 MORREでは、適切な減衰/共振特性を持った素材を採用することによって、悪質な振動を低減。具体的には水晶のような結晶体だったり、カーボンベースのナノ粒子で構成。これらの物質は電気的/機械的エネルギーに反応し、悪質な付帯音(ノイズ)に対して打ち消し合うような周波数で振動します。

ディープクライオ II処理 (Deep Cryo II)
すべての極低温処理が同じ結果をもたらすわけではありません。極低温状態になると、材料が異なれば反応も異なります。オーディエンスはMORRE製品の導電性/非導電性材料に対して長年にわたり、Deep Cryo II 技術を開発してきました。 Deep Cryo IIでは正確にゆっくりと温度を下げていきます。これによって他のタイプの低温処理よりも導電率の抵抗をはるかに低くし、電子の自由な流れを可能にします。また導体を強化し、信号接合部のストレスを緩和。この技術によってMOOREハイエンドオーディオ製品のすべての分野に利益をもたらしました。

高電圧を使ったバーンイン技術
MORREEHVP技術は、高度にモディファイされた強力なテスラコイルを利用して、特定のパルス変調、周波数、振幅のモードで極端な高電圧をかけます。それは導体自体や縒り合わされた導体、あるいはすべての電気の通る構成要素に対して、ということになります。この特定の分野に関する私たちの専門知識と長年の研究は比類のないもので、その証拠は MORREを使ったすべてのオーディエンス製品のパフォーマンスにあります。この特殊なプロセスにより、接続ポイントやコネクタなど、さまざまな金属の結晶粒界を通るパスが形成され、MORRE製品に連続性と純度の高さを提供します。

導体の方向性の管理 (Signal Directionality)
金属が高温の溶けた状態から固化する時に、何百万もの小さな結晶の成長が始まります。これらの小さな結晶が金属の粒子を形成します。この金属を一方向に伸ばすと、粒子が同じ方向に伸び、ワイヤが方向性を持ちます。そしてこの素材としての導体は一連のダイスやドロープレートを通すことによって設計通りの太さや形状に形成されていきます。 MORRE導体の方向性は、原材料が生産される前の、一連の厳密かつ徹底的なテストによって決定されます。この時間のかかるプロセスはオーディオケーブルのパフォーマンスにとって最も重要です。

導体配置の幾何学的な問題 (Cable Geometries)
MORREケーブル製品の構造、幾何学的設計の考え方は、長年にわたる広範な研究と応用によって洗練させてきました。導体を通る電気の流れによって生成される電磁界は、一般に信号自体に悪影響を及ぼします。 MOORE導体の寸法(と公差)の設計は革新的な導体の縒り方と相まって、(そういった考慮をされていない)他社のケーブルに見られる有害な相互作用を低減します。具体的には用途に応じて2 軸、同軸、独自のパーフェクトレイ、二重円筒、二重らせん、およびその他の特殊な撚り線の多芯ワイヤ形状を採用しています。これらはすべてノイズを低減し、信号の純度を向上させるように設計しています。

製造後の処理、テストについて(Post Production)
MORRE製品はいったん組立てが終わってもそのまま完成ということにはなりません。一連の検査と、長くて正確なバーンインプロセスを含む、他のいくつかのポストプロダクションの工程がまだあります。各MOORE製品は、個別の信号と電流仕様を備えた所定のバーンイン装置に慎重にセットされます。このバーンイン処理は 34 日間続きますが、すべての MORRE ハイエンドオーディオ製品をあなたのシステムに違和感なく導入してもらえるための最終ステップです。

常に進化し続けるMORRE (MORRE in the Future)
オーディエンスは一貫して前進しており、私たちには「MORRE」という偉大な存在があることに基づき、新しい材料、理論、ケーブル構造、クライオ処理など際限なくテストし続けています。それは私たちを常に奮い立たせていますが、それによって音楽の楽しみの探求と進歩をリードし続けていけるのです。